最新情報

2012′ 07.22.
YZF-R1 RACING PROJECTを更新しました。【レース編Part.2】


YZF-R1によるレーシングプロジェクトの内容を更新致しました。

今回は7月8日に行われました、もてぎロードレース選手権第3戦オープンチャレンジクラスの当社チーフメカニックによるレポートです。
第3戦はツインリンクもてぎ東コース開催でした。

今回ももちろんYZF-R1による、オープンチャレンジクラスへの挑戦。JSBマシンとの混走で総合TOPコースレコード更新を目標に走っております!

新しいパーツやタイヤの投入による、第2戦との違いも色々あります。YZF-R1でレースをしている、してみたい方は必見です。

ライダーはもちろんベテラン中澤選手
ウイークから決勝まで詳細をアップしております。


詳しい内容はこちらから↓↓

YZF-R1 RACING PROJECT



当社YZF-R1 RACING PROJECTについてはこちら

2012′ 07.18.
中古車に1992年式TZR250R(3XV4)を追加致しました。


12/07/22 ご成約済みとなりました。ありがとうございました。



 

 

 

ドッグファイトレーシングでは新たに中古車として、92年式YAMAHA TZR250R(3XV4)を制作、販売開始致しました。


▼メーカー:YAMAHA
▼車体:TZR250R(3XV4)
▼年式:1992年式
▼走行距離:15005km
▼車体番号:3XV-047***


 
価格 ¥598,000-(税込)


尚、当社の中古車について詳しい内容はこちらの中古車制作ページをご参照下さい。


店頭またはオンラインストアでも販売しております。


オンラインストア及び詳しい概要はこちら↓↓


DFR Official Online Store

2012/07/18現在[在庫有り]
※すでにご成約となってしまう場合がございますので、当社まで在庫の確認をお願い致します。


2012′ 07.18.
10’YZF-R1へのDFRマフラー装着画像をUPしました。

当社で販売しております、09~12 YZF-R1用エキゾーストマフラーをお客様のバイクに装着させて頂きました。ぜひご参考にしてみて下さい。


・YAMAHA YZF-R1 (2010年式)FIATカラー
DFRフルエキゾーストマフラー(ステンレスエキゾーストパイプ+アルミサイレンサー)



当社DFRマフラーを装着させて頂いた、2010年式のYZF-R1です。
エキゾーストサウンドはもちろんの事、FIATカラーのブルーと、アルミサイレンサーのブルーが相まってオーナー様も納得の仕上がりとなりました。
サーキットや走行会に、どんどん足を運んで良い音を響かせて走って頂きたいです!


こちらでもご紹介させて頂いております。


オンラインストアからもお買い求め頂けます↓↓


DFR Official Online Store

2012′ 07.14.
YZF-R125用フルエキゾーストマフラーカーボン仕様を追加。(動画有)

 

 

 

この度、ドッグファイトレーシングではYZF-R125用フルエキゾーストマフラーのラインナップにカーボン仕様を追加致しました。


2重構造エキゾーストやテーパードパイプの採用、そしてストレート構造のサイレンサーにより、中速域から高速域まで全域のパワーアップを実現。

形状も兄貴分のYZF-R6やMotoGPを連想させるサイドショートスタイルでフィニッシュ。迫力のサウンドと共にレーシーな製品となりました。サイレンサーは特殊ストレート構造をφ100×L300のカーボンパイプで形成。完全ボルトオン設計で、ノーマルステップ、ノーマルカウル対応です。

エキゾースト部には薄肉ステンレスパイプを採用し、断熱仕様の特殊カーボンを採用した軽量サイレンサーとの組み合わせで、大幅な軽量化も達成しました。


・対応車種:YAMAHA YZF-R125
・対応年式:08~12
・素材:ステンレスエキゾーストパイプ+カーボンサイレンサー
・価格:¥54,600(税抜¥52,000)
・装着:カウリング及びシートカウル等の加工不要。オイル&エレメントの交換可

※アルミサイレンサータイプも好評発売中。
・価格:¥49,350(税抜¥47,000)


「マフラー装着動画(カウルレス)」


「マフラー装着動画(カウル付)」


「走行画像(マフラー音)」


オンラインストアからもお買い求め頂けます↓↓

 

DFR Official Online Store

2012′ 07.04.
YZF-R6用マフラーにオリジナルマッピングデータCD-Rを同梱します。

 

 


ドッグファイトレーシングでは、既に発売中であります06~12YZF-R6用フルエキゾーストマフラーに、当チームで実際に使用しているオリジナルのマッピングデータが入ったCD-Rを同梱させて頂くことと致しました。

レーシングECUにて使用するYMSのファイルにコピーするだけで使用可能となっております。


日本全国の主要サーキットのオリジナルマッピングデータ
・オートポリス
・岡山国際サーキット
・鈴鹿サーキット
・筑波サーキット
・ツインリンクもてぎ
・SUGO



全日本ロードレース選手権ST600クラスへの参戦による蓄積されたデータから作成致しました、オリジナルデータです。
当社マフラーとのベストなマッチングを発揮し、より性能を引き出したセット内容になっております。
YZF-R6ユーザーの方に自信を持っておススメ出来る物となっております。



オンラインストアからもお買い求め頂けます↓↓


DFR Official Online Store

2012′ 07.01.
YZF-R1用オリジナルメーターステーの販売を開始しました。

 

 

 



ドッグファイトレーシングでは2009~2012年型YZF-R1用、オリジナルメーターステーを発売致します。


ローコストを目指して、尚且つ脱着が容易な物を制作致しました。

クイックファスナーはスタンダードカウルが使っている物が移植できるようにしております。
スタンダードでは転倒等により折れてしまう箇所でありますが、曲がるだけで済む場合があり、比較的再使用が可能なものとしてあります。

更にステアリングダンパー用取付ボスを上下に備えておりますから、純正の取り付け位置で(下側)への装着や、社外ステアリングダンパーをステー上側に取り付ける事も可能です。

全ては当社の掲げる「レースにおけるコストダウン」という考え方の元に制作された物です。

当社のJSB1000マシンにも使用しております。


オンラインストアからもお買い求め頂けます↓↓


DFR Official Online Store

2012′ 07.01.
YZF-R1 & YZF-R6用エンジン二次カバーの販売を開始しました。

 

 


ドッグファイトレーシングでは、09~12年式YZF-R1及び、06~12年式YZF-R6のエンジン二次カバーを発売致します。

国内のレースレギュレーションに合わせた仕様になっております。
また、こだわったのは二次カバー自体の強度です。転倒により二次カバーに穴が開いてケースカバーをダメにしてしまうのはユーザー様には二重の負担となってしまいます。そこで、ドッグファイトレーシングではとにかく厚く、頑丈な物を作りました。

全ては当社の掲げる「レースにおけるコストダウン」という考え方の元に制作された物です。

当社のJSB1000マシン、ST600マシンにも使用しております。

各カバー単体でも販売しております。



オンラインストアからもお買い求め頂けます↓↓


DFR Official Online Store

2012′ 06.14.
限定2本40%OFF!! 09~12YZF-R1 フルエキゾーストマフラー


ドッグファイトレーシングでは2012年もてぎロードレース選手権オープンチャレンジクラスにレーシングプロジェクトとしてYAMAHA YZF-R1にて参戦しております。

先日行われました、もてぎロードレース選手権第2戦オープンチャレンジクラス(JSB1000インター/JSB1000/オープンチャレンジ/オープンマイスター混走)において、当社のYZF-R1(ライダー:中澤選手)が優勝(クラス優勝&総合優勝)及びコースレコードを樹立致しました。


そこで当社では記念してレースで使用した同じ仕様のドッグファイトレーシングオリジナルのチタンフルエキゾーストマフラー(アルミサイレンサー)を定価の40%OFFで限定2本で販売致します。

¥367,500(税込)→¥220,500(税込)


数量限定のため、無くなり次第終了とさせて頂きます。ぜひこの機会をお見逃しなく!!



※6月25日現在、セール対象品が残り1セットとなりました!!
ご検討の方はお早めにご連絡、またはオンラインストアの方からよろしくお願い致します。



オンラインストアからもお買い求め頂けます↓↓


DFR Official Online Store



ドッグファイトレーシングYZF-R1によるレーシングプロジェクト詳しくはこちら↓↓





2012′ 06.11.
中古車制作ページを公開しました。



当社ドッグファイトレーシングでは今では希少となりました2ストローク車両(NSR250R TZR250R等)において、お客様にご定評を頂いております。

これからも長くレーサーレプリカと呼ばれたこの車両を楽しんで頂きたく、当社では今では新車としては手に入れる事がまず不可能な車両を中古車として、より新車に近い状態でご提供させて頂いております。


そこで、当社で制作している2ストローク車両の中古車がどのように制作されているか。どこまで手を施しているか。情熱を持って手がけているか。皆様にぜひ知って頂きたく、制作過程及びメンテナンスの内容を公開致しました。

ぜひ、当社の中古車制作についてご覧になってみて下さい。



中古車制作ページはこちら

2012′ 05.29.
車体メンテナンスページに【Fフォーク加工】を追加致しました。

当社ドッグファイトレーシングではフロントフォークの加工も承っております。

インナーチューブのコーティングやアウターチューブのアルマイト加工等、お客様のご要望にお応えさせて頂いております。

上部写真はノーマルフォーク。真ん中と下部はお客様の施行例の一部です。

WEBSITE内「車体メンテナンス」ページに価格及び施行例を追加致しましたのでぜひご覧になって下さい。


車体メンテナンスページはこちら